クレジットカードが吸い込まれた!?フィリピンでのお金の引き下ろし方と注意事項

クレジットカードが吸い込まれた!?フィリピンでのお金の引き下ろし方と注意事項


こんにちは、インターン生の Jiro です。
先日、私のクレジットカードがATMに吸い込まれてしまいました。
今回はフィリピンATMでのお金の引き下ろし方とトラブルの対処、対策をお伝えします。

この記事の内容
 ☑ お金の引き出し方
 ☑ クレジットカードが吸い込まれるトラブル
 ☑ おすすめの銀行
 ☑ 吸い込まれたときのための対策は?
 ☑ 吸い込まれたらどうしよう?

まずは、お金の引き出し方

フィリピンでお金を下ろすには、国際キャッシュカードもしくは海外対応しているデビットカード、クレジットカードが必要です。

ただし、Cirrus(シーラス)もしくはPlus(プラス)のマークがついているカードとATMを使わないと引き出せません。
日本で発行されている一般的なキャッシュカードは国際対応していません。
デビットカードとクレジットカードは三井住友や三菱UFJなど、大手のものであれば基本的には対応しています。 ただし、マークがついているか必ず確かめましょう。

Plusのマーク(VISAのみ使用可)
CirrusはJCBとCirrusが使用可

PlusかCirrusのマークのついているカードを、同じマークのついているATMに挿入します。
大手の銀行でも対応していないATMは存在しているので、入れてみて引き出せなかったら、別のATMで試してみましょう。





引き出しの手順

PINコードを打ち込んだ後、Withdraw(引き出す)を押し、国際キャッシュカードとデビットカードはSaving(普通預金口座)を選択します。
クレジットカードの場合はCredit(借り入れ)を選択します。
金額を選択すると、お金とカードが出てきます。

フィリピンでは一度の引き下ろしで10000ペソまでしか引き出せず、手数料は250ペソと日本の銀行から時間に応じて手数料が口座から引かれます。
なるべく10000ペソで引き下ろしましょう。





クレジットカードが出てこない!?

ATMからクレジットカードが出てこないときがあります。
ケースによって原因は様々ですが、私が実際に遭遇した時はカードを入れた瞬間に電源が落ち、復帰しましたが、「カードを挿入してください」と表示されているだけでした。

このようなケースは避けようがないのですが、いくつか有効な対策があります。


対策: 銀行付属のATMで引き出す

フィリピンのATMは二種類あります。
銀行に設置されているものと、銀行以外の商業施設などに設置されているものです。

日本の感覚でどうしてもスーパーやコンビニで引き出したくなりますが、必ず銀行で引き出してください。
なぜなら、銀行付属のATMはその場ですぐに銀行員に開けてもらえます。

銀行以外の施設のATMでカードが吸い込まれると、最低数日、運が悪いと2週間近くかかる場合があります。
これは商業施設から離れたところにある銀行支店が定期的にATMを開けるのを待たなくてはならないためです。




おすすめの銀行

BDO(バンコ・デ・オロ)

こちらの銀行はジャパンヘルプデスクがあります。
カスタマー対応も迅速で、すぐに他支店等に確認してもらえるため、何かトラブルがあっても解決はかなり容易です。
サイトも唯一、日本語に対応しており、かなり日本人に親切です。

日本語対応電話番号: +63(2)663-4001
音声案内:①カスタマーサポート②セールス&マーケティング



Metro Bank(メトロバンク)

こちらの銀行もジャパンヘルプデスクに対応しています。
BDOと並ぶ、フィリピンの最大手の銀行の一つです。日本の東京、名古屋、大阪に支店もあります。

ジャパンヘルプデスク: +632 857 5371





もし、商業施設のATMにカードが吸い込まれたら…?

まずその場では以下の3つを行いましょう。

  • 近くのスタッフに吸い込まれたことを伝え、誰がATMを開けているのかを聞く。
  • 紛失届など専用の書類がないか確認する。
  • ATMの識別番号とカスタマーサポートの電話番号を控える。

次に学校や家に帰って電話をかけ、以下の順番に話しましょう。
フィリピン人の知り合いがいればその人に状況を説明し、代わりにかけてもらいましょう。

  • カードの紛失と、ATMの識別番号、どこのATMか。
  • 日本人であることと、ジャパンヘルプデスクが銀行にあるかどうか。

ジャパンヘルプデスクとは、日本語対応のコールセンターのことです。
大手の銀行にはある可能性が高いので、無理して英語で説明せずに助けを求めましょう。

いずれの場合も、ATMからカードを回収している銀行支店と、いつ頃にカードが届くのかを教えてもらえます。
身分証明証となる、パスポートや生徒IDカードを持って取りに行きましょう。

クレジットカードを止めるのもありだけど…

万が一にも、銀行員に盗まれたり、その場を去った後にカードが出てきて盗られるという可能性は0ではありません。

そういったことがどうしても不安であればカード会社に電話をしてカードを止めましょう。
ただし、その一度止めたカードを再度使えるようにすることはできません。

長期で滞在される場合は、本当にカードを止めるべきなのかは検討した方が良いかと思います。

それでは、よいフィリピンライフを!

Like this post? Share this now:

プロモーション動画はこちら

連絡先一覧

E-mail Address

imsmkt@ims7.com

Facebook

IMS Academy Cebu

YouTube

IMS Academy

Kakaotalk

ims3

Line

imsims3

WeChat

imsims3

Weibo

imsims3